2017年7月22日土曜日

【自然情報】雑事場ノ平(大倉尾根) 7月22日

大倉は、朝から真夏日に近い陽気でした。
そんな中、大倉尾根の雑事場ノ平(標高600メートル)まで、
登山道トークに行って来ました。
ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

◆本日のテーマは「丹沢の生きもの」。

◆大倉高原山の家の気温は23度程でした。

◆地面にとまるコミスジ。

◆アキノタムラソウに吸蜜にきたホソバセセリと
それをねらうカマキリの幼虫。
その後、捕まりましたが、何とか逃げ切りました。

◆登山口付近に咲いていたムラサキニガナ。

◆ホウチャクソウはかわいらしい実をつけていました。

◆オニドコロの花、ひとつひとつは小さいですが、
 集まるといい香りが漂っていました。

◆登山口付近でまだ見頃の株もあったヤマユリ。

暑い中での登山は、体力・水分を消耗します。
飲み物・塩分を十分とりながら、登山をお楽しみください。

**************************
大倉(標高290メートル 7月22日)
   天気 晴   気温 29.3度(8時40分)

2017年7月21日金曜日

【登山・自然情報】鍋割山・大倉尾根 7月20日

コース:西山林道~鍋割山~金冷シ~大倉尾根

梅雨明けし、本格的な夏がやってくる中、
鍋割山、鍋割山から塔ノ岳方面に向かう鍋割山稜の情報収集に行って来ました。

出発する頃は清々しい青空が広がっていましたが、
標高が上がるにつれ霧が湧いてきました。
◆霧の中に包まれた鍋割山稜。

◆ミズヒ沢と後沢乗越ノ沢の合流地点。
橋を渡り後沢乗越へ向かいます。

◆鍋割山へ向かう登山道。
夏の日差しの代わりにヒグラシの鳴き声のシャワーを浴びています。

◆葉っぱや木の幹、枝などには沢山のヒグラシの抜け殻がついていました。

◆鍋割山山頂
山頂も白い霧の中。涼しい風が吹いています。

◆鍋割山稜を歩き、大倉尾根の分岐点、金冷シへと向かいます。
ヒグラシにエゾハルゼミの鳴き声も加わり賑やかです。

◆よしっ!鳴く準備を整えて・・・。
抜け殻からの出たミンミンゼミ。


稜線からの景色はまったく望めませんでしたが、
夏の花や生きも達が楽しませてくれました。
◆イワガラミ
ツル性の植物。他の木に巻き付いて枝を伸ばします。

◆ヤマアジサイ
白く清楚な花ですね。

◆シモツケ
小さい花が集まってこんもりと咲いています。

◆シモツケソウ
線香花火のようです。

◆ヤマオダマキ
下向きに咲く花。ちょっと中を覗きたくなりますね。

◆ミヤマイボタ
霧の中でも白さが映えます。

◆テングアワフキ
口元がツンっと上がっています。

◆ツノアオカメムシ
光沢のある翅が目立ちます。

◆大倉尾根。花立山荘直下の階段。
まだまだ、霧の中。

◆ヤマユリ
西山林道沿いは見頃を迎えています。

夏山の季節がやって来ましたが、
暑さの為、日常生活中でも体力を消耗しています。
無理のない計画で夏山を楽しんで下さい。

**************************
大倉(標高290メートル 7月21日)
   天気 晴   気温 27.8度(8時40分)

2017年7月18日火曜日

【自然情報】秦野ビジターセンター周辺 7月18日

 今日も暑い!
そんな中、自然観察の森まで歩いてきました。

◆ヒヨドリ
暑くてもヒヨドリ達は元気です

◆オオシオカラトンボ
どうやらこの場所がお気に入りの様子

◆ツマグロヒョウモン
日なたじゃ暑いよ~

◆ヒグラシ(雌)
涼しくなる夕方、オス達が鳴くのを待っています

公園内はニイニイゼミやアブラゼミの声が響き渡り
夏らしくなってきました。
体調管理に気をつけながら夏を楽しみましょう!

***********************
大倉(標高290メートル)  7月18日
気温  28度(8時50分)  天気 晴れ

2017年7月16日日曜日

【行事】企画展「とっておきの丹沢写真館」 7月16日

15日からはじまりました!
丹沢の様々な写真を集めたので題して「丹沢写真館」。

◆大人気のカモシカになれる顔出しパネルも再登場!

◆神奈川県最高峰「蛭ヶ岳」に登った気になれる
 記念撮影コーナーもあります。

◆いろんなポーズで撮ってみてください。

◆その他のコーナーも「とっておき」です。

今回は期間が長く11月12日(日)までやっています。
是非、見にいらしてください!

**********************************
大倉(標高290メートル)  7月16日
気温  29.6度(8時40分)  天気  晴れ

2017年7月12日水曜日

【自然情報】秦野ビジターセンター周辺 7月12日

午後、日差しが容赦なく手照りつけています。

◆水無川の流れが、ほとんどありません。
少し下流にいくと水が無い状態です。

◆鍋割山稜は雲がかかっています。

◆たくさんの実をぶら下げているエゴノキ。

◆同じエゴノキにはエゴノネコアシフシという虫こぶがついていました。
この虫こぶはエゴノネコアシアブラムシの棲家です。

◆オレンジ色の花びらが重なり合って咲くヤブカンゾウ。

◆コミスジ。暑いね…。

本当に暑いです。
水分はこまめに取り熱中症に気をつけて下さい。

************************************************************
大倉(標高290メートル)  7月12日
気温  29度(8時40分)  天気  晴れ

2017年7月11日火曜日

【登山・自然情報】表尾根(三ノ塔から塔ノ岳方面) 7月10日

表尾根を歩いてきました。
日が差すととにかく暑いです。
尾根では風が吹いていたので助かりました。

いろいろな花が楽しめました。



◆アカショウマとシモツケ


◆シモツケは蕾も濃いピンク色で、咲き始めが特にお勧めです。


◆ヤマオダマキ


◆ヤマボウシ


◆ヤマアジサイ


◆カナウツギ


◆キヌタソウ


◆バライチゴ

水分補給を忘れずに、
夏の花を求めて、丹沢を歩いてみませんか!

******************************
大倉(標高290メートル  7月11日)
  天気:晴   気温:28.4度(8時40分)

2017年7月10日月曜日

【自然情報】大倉~竜神の泉 7月10日

今年一番の暑さといわれているなか、
竜神の泉まで山麓調べに行ってきました。
川沿いは少し涼しいですが、木々の隙間から差す日差しは強く、
だいぶ体力を消耗してしまいました。

コース:秦野ビジターセンター~竜神の泉 (往復約2時間)

◆花火みたい
尺玉のような丸く放射線状の花をつけているシオデ。
花火大会のようです。

◆赤ちゃんがいっぱい
小さいドングリの実が沢山ついています。
秋には動物たちの貴重な食糧になります。
いっぱい実ってね!

◆ちゃんと飲めているのでしょうか?
クロアゲハが水を飲みに来ました。
少し湿っている地面にストローのような口を何度も差しています。

◆根もとから順々に
白い花を咲かせるヨウシュヤマゴボウ。
ゴボウとついていますが有毒です。

◆次は私の番
花壇等に植えられている紫陽花が咲終わる頃、
まん丸の蕾を割って咲き始めるタマアジサイです。
秋まで長くみられる花です。

◆トゲトゲでしっかりガード
エビガライチゴです。
茎や枝は赤紫色の長い腺毛が密生し、細い刺があります。

◆みんなで川下り
ハナイカダに実ができていました。
葉の上に花が咲き実がなる様子を見ていると、
いかだに乗って水遊びしたくなります。

その他に観察した生き物
《植物》 
   花:ホタルブクロ・ツユクサ・オニドコロ・
     ムラサキシキブ・タケニグサ・ハエドクソウ・クサギなど
   実:ガマズミ・ミツバウツギ・ウツギ・アブラチャン
     ミミガタテンナンショウなど 

《野鳥》
   ・コゲラ・シジュウカラ・ヒヨドリ・ホオジロ・メジロ
   ・ウグイス・クロツグミ・ホトトギス・ヤブサメ・キビタキ
   ・オオルリ・コジュケイ・イカル・ハシブトガラスなど
  
《その他》
   ・ヨツスジハナカミキリ・セマダラコガネ・ニイニイゼミ
   ・コミスジ・アオスジアゲハ・ウラギンシジミ・ヒトツメカギバ
   ・ビロウドハマキ・ヤマカガシなど

日差しが強く、すぐ熱中症になりそうです。
水分補給や暑さ対策をしっかりして、
一休みした時に周りを見回してみてください。
同じように、葉っぱの陰で一休みしている生き物たちが
見つかるかもしれませんよ。

************************************************************
大倉(標高290メートル)  7月10日
気温  28.2度(8時55分)  天気  晴れ